薬剤師の転職はお給料の金額だけで決めるのは危ない!

薬剤師の求人、募集案件の内容を見ていると、“年収400万円⇒650万円”とか、“土日完全休み”
”17時30分終業”などなど願ってもないといった求人条件が書かれていたりします!

 

   >> 【高額・高待遇】新着!薬剤師の非公開求人情報

 

 

ただ、やっぱりお給料が高いということは、その分仕事内容も厳しい!ということは覚悟しておかないといけません。

 

特に、最近薬剤師の求人が非常に多いドラッグストア。
このドラッグストアの年収提示ってかなり高額ですよね。実際、病院に勤務している薬剤師の友だちはこの金額を
見るたびに「転職しようかな〜」って思ったりするそうです。

 

ですが、隣の芝生を青くみえる!とはよく言ったもので、仕事内容を考えると、それくらいはもらわないと割りに
合わないようなケースもよくあります。

 

調剤薬局、ドラッグストアを比較すると!

転職をする際、調剤薬局や病院、ドラッグストアなど、どこに転職するか?迷ったりすると思います。

お給料の金額だけを見れば、やっぱりドラッグストアは魅力ですし、勤務時間など自分の時間、家族の時間などを優先したいということであれば、調剤薬局や病院などの方がよいでしょう。

 

確かに、金額だけをみればドラッグストアのお給料というのは魅力的です。
ですが、ドラッグストアの場合はお薬に関係する仕事以外にも、お店の商品を陳列したり、接客したりしなければなりません。さらに、最近はドラッグストアの営業時間がどんどん長くなっています。この先24時間営業のドラッグストアが増えるのは間違いないでしょう。

 

そういう意味では、年収などお給料自体はいいけれど、労働条件としてはかなりキツイ部分もあります。

 

それでは、調剤薬局はどうか?というと、基本的にドラックストアと比較すればお給料自体は低いです。ですが、現在のところ病院の診察時間などに合わせた営業ですし、何かその他の商品を売らないといけないということでもないので、そういう面ではドラッグストアよりも労働条件は楽といえるかもしれません。

 

ですが、すでに調剤薬局も訪問診療的なサービスもスタートしているところがありますし、中にはコンビニ併設店があったりして、勤務時間もそれに合わせて変則的になってくるでしょう。
その場合は、ドラッグストアのように、お給料自体は上がっていくことになるでしょうが、もし自分の時間を大切にしたい!家族との時間を大切にしたい!というのであれば、転職先として候補にあがっている調剤薬局の方向性などもチェックしておく必要はありますね。

 

まぁ、そういう話も薬剤師専門転職エージェントを利用すれば、専任の転職コンサルタントが説明をしてくれたり、問い合わせをしてくれるので、より詳しい話が聞けて転職先選びにはとっても参考になって助かると思いますよ!

 

 

>> 薬剤師専門転職エージェントのお仕事内容はコチラ